悪魔提督と艦これを楽しむブログ

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦艦たちの命中度…46cm砲は無敵ではなくなったのか


 戦艦の主砲もいろいろなものが搭載されるようになりました。
 ダズル迷彩とか結構レアですが、強さとしては微妙…やはり46cm砲が…という声もちらほら。
 以前は戦艦の主砲といえば46cm砲が最強であり、悪魔提督も全戦艦分の46cm砲を用意したものです。(ふたつづつですが)
 で、その後のアップデートで戦艦に不釣り合いな主砲では命中率が落ちるという話が出てきました。
 実際のところ検証した人たちがいましたが、確かに命中率にマイナスの補正がかかっているようです。
 例えばですが金剛型に46cm砲だと命中率が何割か落ちる…みたいな補正ですね。
 
 ここでマイナス補正がない組み合わせは…

 大和型 …46cm
 長門型 …41cm
 金剛型 …36.5cm

 とされています。伊勢や扶桑といった航空戦艦はどうもこのあたり計算式が最近少し変わった感じで、金剛型に準じるけどちょっと違う…みたいな。おおむね金剛型と同一で考えればよいかと。
 で、このマイナス補正も「ズレ」が大きいと大きくマイナスされるため、金剛型には41cmならちょっとマイナスで済むけど、46cmにするとマイナス補正が大きくかかる…という感じです。
 ただこれもいつまでこのままかわかりません。
 突然がらっと変わることもあるので…

 でも実際に運用してみるというほど下がってない…というかもともとそこまで命中率がよくないため、違和感がないというのが。
 
 特にこの印象を強くしているのは「弾着観測射撃」の存在です。
 こいつが発動してしまうと命中率に大きくプラス補正が入るのか主砲のフィットが…とか命中率が…というマイナス要因を吹き飛ばしてしまいます。
 制空権をとってしまえばそれだけで一気に46cm砲の破壊力を活かせる戦場に変わってしまう。そんな感じです。
 なので空母と一緒に出られるならそこまで神経質でなくても46cm砲とかで突撃してもいいのかもしれません。
 
 空母が出せない、あるいは制空権が取れない時。電探だけでは命中率がかばい切れない状態。そんな時にこのマイナス補正がクローズアップされるのかなと。
 後は主砲x4とかやった時ですね。これはどうも装備重量か、それに準じる変なパラメーターがあると悪魔提督はにらんでいます。主砲x3とかやると命中率が落ちるのはこのためかと。
 まぁ、カットイン狙いの長門でも副砲があればいいので、主に援軍で出したときの装備ですが、援軍時の命中率計算は割といい加減(旗艦のパラメータを基準にしてるくさい)っぽいので、そこまで気にしてなくていいのかもです。

 ともかく艦これの命中率の数値は現在運営が試行錯誤しているのが見え隠れしているので、今後いろいろアップデートが入るとは思います。
 現状では制空権を取る前提で弾着観測射撃があるなら46cmx2で全員いいのかもな…なんて思ってたり。
 特に扶桑ねえさまの改2は火力の大幅アップもあって、下手すれば長門とガチでやれる火力を手に入れています。
 ここに弾着観測射撃の補正まで考えて46cm砲や41cm砲を搭載して火力をブーストするというのもひとつの戦術ではないかと考えて、今いろいろ検証していたり。弾薬消費が激しいですけれど。
 
 いろいろ運営も試行錯誤しているので、小さなアップデートのついでにちょこちょこいじくってる気配があります。アナウンスもありませんので、今のところ悪魔提督はこんな風に予測しているよ、という感じの話ということで。

 システムの中身まで考えてゲームをするのもひとつの楽しみ。特にSLGであるならばルールの隙をついて行くのはある意味常套手段です。またイベントも近づいていますし、次は戦艦の出番も多いかなと。
 今のうちから装備を整えておくのもいいかもしれませんぜ?

 なのでタイトルへの悪魔提督の答えは「無敵ではなくなったが、まだまだ最強の位置は揺るぎなし。長門型ならば補正も緩い。ある程度は持っておいた方がよいぞよ」という感じですわ。
スポンサーサイト

| 悪魔のささやき | 21:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。